Nov. 2020

Gallery スケジュール
2020.11.17(火)11:00-12.13(日)19:00 店頭
2020.11.17(火)12:00-12.25(金)23:59 オンライン(tet.のみ)
「tet.」はOnlineでもお求めいただけます

今年の自分へ「ご褒美」を

いつもとは違う日常を過ごしたこの1年。

頑張ったわたしにGiftをあげましょう。

今回のGalleryでは、冬の装いに色を加えてくれるアクセサリーや、ハンドケアアイテムをご用意いたしました。

作り手の温かさが伝わる、4ブランドよりご紹介いたします。

1. – tet.「手袋」-

国内の手袋生産の90%のシェア率

日本一の手袋の生産量を誇る香川県東かがわで生まれたブランド「tet.(テト)」。

「手と、」その先に広がる様々な物語を伝えていく。という想いを込めてつくられる東かがわの
手袋を中心に「手」にまつわるモノをご紹介いたします。

「tet.」の商品はGallery期間中、オンラインでもお求めいただけます。

tet.についてもっと知る

2. – 灯々舎「陶器ブローチ」-

素材の温かみを感じる

岡山県で陶器ブローチを製作する「灯々舎(トウトウシャ)」。

蝋で作られた型から、手作業で一点一点型どりをし、色を入れていく。

手作業だからこそ表情の異なる動物達や、草花が
とても愛らしい一点もののブローチ。

いつもの冬の装いに気軽に合わせるだけで、気分を変えられます。
スカーフや帽子、トートバックなどにも。

灯々舎についてもっと知る

3. – ciito「糸アクセサリー」-

重なって、色を成す

「糸にまつわるモノづくり」をコンセプトにデザイン、製作を一人で行う「ciito(シイト)」。
細い一本の糸が重なることによって色が現れ、鮮やかになってゆく。

糸という身近な存在だからこそ、気軽に使ってほしいという思いで、一つ一つを手で作りあげる、「手あと」を残しつつも、綺麗に整った糸アクセサリーをご紹介いたします。

天然石や金属とも違う、糸の柔らかな光沢が美しいアイテムです。

ciitoについてもっと知る

4. – つまみかんざし彩野「つまみ細工のアクセサリー」-

現代に繋げる伝統工芸

千葉県松戸市で活動をする、伝統工芸士
藤井彩野を中心とした女性職人のチーム「つまみかんざし彩野」。

「つまみ細工を日常に」をコンセプトに本来のつまみかんざしの、「絹素材」の枠を超え工芸の技術はそのままに現代でも使いやすいデザインのつまみアクセサリーをご紹介いたします。

また家の中でも身近に感じられるアイテムとして、つまみの技術を和紙に施し作られたアロマディフューザーもご紹介いたします。

つまみかんざし彩野についてもっと知る