|開催中-7.18 sun
POTPURRI 清澄白河 / ONLINE SHOP(九十九のみ)

夏雑貨店
– 親子でたのしむ –

2021.6.22 tue -7.18 sun
POTPURRI 清澄白河 / ONLINE SHOP
…………………………………………………………

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、
暑くなったらすぐに使いたくなるような
夏の雑貨を取り揃えた企画展が
POTPURRI清澄白河店でスタートいたしました。

たべものモチーフの手ぬぐいや、
好きなカラーで作れるビーチサンダルなど
親子で楽しめるアイテムが揃っています。

企画展に合わせオンラインショップでは、
日本製ビーチサンダル「九十九」の
販売を開始いたしました。

………………………………………………………….

◆ 九十九(TSUKUMO)

神戸の工場で、昔ながらの製法で職人の手で、日本製のビーチサンダルを製造する「九十九(ツクモ)」。

一番に目を惹かれるのは、そのカラーバリエーションの豊富さです。

今回はPOTPURRIが
台座5色(26cmのみ8色)、鼻緒3色を
厳選いたしました。

自分好みのカラーの組み合わせをお楽しみください。

◆ 履き心地の良さは3つのこだわりから

九十九のビーチサンダルは履きやすさをとことん追求した逸品。

「疲れてしまう」「鼻緒が当たって足が痛くなる」など、長時間履くこと躊躇してしまうビーチサンダルのイメージを大きく覆しました。

そこには大きく3つのこだわりが関係しています。

|その1、素材へのこだわり

台座には「発色が良く、丈夫」な合成ゴムを使用し、
皮膚の柔らかい足の指の間に当たる鼻緒には「柔らかい」天然ゴムを使用。

このように、特徴を生かして素材の使い分けをしています。

|その2、形状へのこだわり

九十九のビーチサンダルの台座は、指先側が薄くかかと側が厚い「テーパー型」を採用。

フラット型はプリントがしやすく、型抜きがしやすいなど利点もありますが九十九がテーパー型をあえて選ぶのには履きやすさ、歩きやすさを追求した為です。

大きなゴムの板から、職人の手によって一足一足手作業で型抜きを行います。

少しのずれで履き心地が変わる為、傷がついていないか、空気が入り込んでいないかなどを確認しながら、この作業は職人の手によって微調整をしながら製造をしています。

|その3、鼻緒へのこだわり

足の親指から内側と、人差し指から外側の長さは違うものです。

そして、日本人は甲高の方が多いことも踏まえ
九十九では左右の長さが異なる鼻緒を作っています。

「台座2サイズに対して、鼻緒1サイズ」と細かく長さを変えることで、フィット感が生まれることで靴擦れを起こりずらくします。

こうして作られたサンダルは、長時間履いても疲れない、日常的に履ける一足として、夏の装いにバリエーションをもたらしてくれます。

◆ 実店舗では、ほかにも夏アイテムを紹介中

POTPURRI清澄白河では
注染で染めた《かまわぬ》の手ぬぐいや、ラオスの手仕事で作られる《CREOLE》のナイロン製カラフルバッグなど、夏を感じるアイテムをご紹介中。

また、九十九からは素足に心地よい「芝生」ビーチサンダルを数量限定でご用意しております。

ぜひお近くにいらした際には、お立ち寄りください。

|参加ブランド

かまわぬ / 手ぬぐい
「注染」と呼ばれる染技法で糸まで染め上げた手ぬぐいは、布地が固くならず吸水性にすぐれます。また、表裏が無い為リバーシブルに使えることも魅力の一つです。

CREOLE / 手編バッグ
東南アジアの国「ラオス」で一つ一つ手編みで作られるナイロンバッグをご紹介。すべてを手作業で行うため、形も大きさも少しずつ異なるところも愛らしさの一つです。