点と線 模様製作所 -春の日、昼下がり-

|2021.4.13 tue – 5.9 sun
POTPURRI 清澄白河 / ONLINE SHOP

今年も北から、春がやってきました

今年も、春の訪れとともに
『点と線 模様製作所』の企画展が、
POTPURRI清澄白河でスタートいたします。

企画展に合わせこちらのON LINEでは、
おすすめアイテムのご紹介と
店頭と同じアイテムの一部を
販売いたします。

 点と線模様製作所
– 春の日、昼下がり –

2021.4.13 tue – 5.9 sun
POTPURRI 清澄白河 / ONLINE SHOP
…………………………………………………………

 ゆっくりとした時間の流れる、春の日の昼下がりに
 持って出かけたくなるハンカチやバッグ。

 そして今年は「つくる」をテーマに、
 おうち時間に楽しめる手づくりキットや、
 カットクロスなどをご用意いたしました。

 マスク作りで出した裁縫道具を
 まだまだ活躍させてみませんか?

………………………………………………………….

◆ 春の新作が 届きました

点と線の刺繍生地を
ふんだんに使用した、春の新作「スヌード」

だんだんと温かくなってきても
完全には衣替えができないこの時期、
首元を可愛らしく覆えるアイテムです。

※生産数の少ないアイテムのため、
 お早めにご覧くださいませ。

パターンは2種類。どちらも点と線の刺繍生地を3種類使って作られた贅沢なアイテムです。

こちらのパターンは『紫陽花』の生地が使われており、
まさにこれからの季節にぴったりの組み合わせです。

先ほどよりも寒色系の、
落ち着いた生地を使用したこちらのパターンは、
秋冬まで使える色合わせが特徴です。

巻き方によって出てくる色が変わり
その日の気分でどの柄を表にだそうか・・・
考えるだけで ” ワクワク ” とした気持ちが溢れ出てきます。

◆ 今年は「つくる」で点と線を愉しむ

昨年から続くおうち時間で
マスクづくりに挑戦をした方は多いはず。

せっかく棚から出した裁縫道具には、
まだまだ活躍してもらいましょう。

大きな生地を買うのは・・・と悩まれる方でも
点と線 模様製作所では、
必要な分だけセットになったキットや、
カットクロスを販売しています。

|「好き」をつくる

点と線の刺繍生地が数種類・型紙とセットになった
手づくりキットは裁縫初心者の方におすすめです。

ありそうでない、刺繍生地のヘアバンドも
キットを使えば簡単にできあがります。

|慣れてきたら、一から自分で「つくる」

ある程度裁縫に慣れてきた方には、
自由な発想で使えるカットクロスやリボンがおすすめ。

バッグやクッションカバーなどを一から作ったり、
今持っているアイテムに付け加えてみたり
自分だけの組み合わせを楽しむのもいいですね。

切り取る箇所で、表情が変わるので
同じものができることがほとんどない点と線の刺繍生地。
世界で一つだけのアイテムをつくりましょう。

|「つくる」のヒントはここから

「そうは言ってもやっぱり裁縫は・・・」という方には、
点と線の人気アイテムをご紹介。

自分では作りずらい缶バッチや、難易度の高い
バッグなどは、まずは使ってみることから。も良いですね
点と線の模様をじっくり観察してみてください。

使い始めることで、
「ここにポケットが付いていたら便利!」
「チャームを付けたら可愛いかも!」と
アレンジのアイデアが浮かんでくることも。

◆ 実店舗でも開催中

POTPURRI清澄白河では
靴下の《hacu》とのコラボソックスや人気のミニトートなど、
ONLINEではご紹介できないアイテムが数多く並びます。

そして点と線 岡さんより、
数量限定で「はぎれセット」が届きました。

イベントなどでもすぐに売り切れてしまう、
大小さまざまな生地が入ったセットを、
今回の企画展の為だけに特別にご用意いただきました。

こちらはすぐに完売してしまうことが予想されますので
気になる方はお早めにご来店くださいませ。

その他にもガーゼハンカチや、赤ちゃんのおくるみなど
春の訪れを感じさせてくれるアイテムが一同に集まります。

清澄白河は春の散歩にぴったりの街ですので、
ぜひお近くにいらした際には、お立ち寄りください。

ALL ITEM

点と線模様製作所について

2008年から北海道を拠点に
点と線模様製作所を始めました。

風景や植物といった目に見えるもの、また冬の寒さや雨の音といった目には見えない題材などデザインソースとなるものは身の回りにあふれています。
普段の生活で目にした風景や記憶の中にある情景などを題材に室内を飾ったり手作りを楽しむ材料として、暮らしの中でともに過ごしていける模様を目指し制作しています。

デザイナープロフィール

岡理恵子
1981年、北海道生まれ。

北海道東海大学大学院 芸術工学研究科卒。
在学中にウィリアムモリスの壁紙を木版で再現し
模様の構成や作り方を学ぶ。

その方法をもとにオリジナルの
「北国の壁紙模様」作りをする。
その後、より身近な布へと素材をひろげる。